定期報告制度

豊富な知識と経験を活かして

私たちエイプラス・デザインは、設計事務所として、さまざまな建築物の設計を手掛けてきた建築の専門家です。
定期報告に関しても、学校・庁舎をはじめとした公共建築物から、民間の診療所まで、多数の実績がございます。
現在お使いの建物に不具合があれば、それをいち早く発見し、事故を未然に防ぐためのご提案をさせていただきます。

定期報告制度とは

万が一に備えての義務です!
皆様がご利用になられている建物の定期点検はお済でしょうか?

定期報告制度は、建物を建てた後で、それを安全に維持管理していくための制度です。
不特定多数の人が利用する建築物について、専門技術を有する資格者が調査・検査をし、特定行政庁に報告します。
適切に維持管理するとともに、定期的な調査・検査の結果を特定行政庁に報告することは、所有者・管理者に課された義務であり、定期報告をすべきであるのに怠ったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則の対象(百万円以下の罰金)となります。
また、定期的建物の維持保全は、思わぬ事故を未然に防いだり、地震や火災等の被害を軽減したりといった安全の確保はもちろん、建築物を長持ちさせることにもつながります。

定期報告の流れ

  • 1.ご相談

    まずはお気軽にご連絡ください。
    0120-65-6556または、フォームメールへ。
    定期報告の経験豊富な建築士が対応いたします。
  • 2.予備調査

    建物の状態を把握し、現地調査の日程等を決めます。

    ・基本方針のお打合せ
    ・図面有無の確認
    ・ご予算のご相談
    ・お見積もり
  • 3.現地調査

    建築士がお伺いして建物の調査・検査します。

    ・図面との照会
    ・建物利用状況の把握
    ・調査・検査
  • 4.報告書作成

    調査結果を報告書に取りまとめ、書類作成を行います。

    ・維持、保全のためのアドバイス
    ・是正事項があればご説明