非常にスピード感に満ちた、やりがいのある職場です


鈴木 崇也
2015年入社
一級建築士
日本大学 理工学部 建築学科卒業
(プロフィール)

非常にスピード感に満ちた、やりがいのある職場です。
いずれはまちづくり活動にも関わっていければと思っています。

水戸市内の建築設計事務所に約8年勤務したあと、エイプラス・デザインに入社しました。
建築を通して水戸の街をよくしていきたいという想いが、建築を志したころから自分の心のどこかにずっとあり、その想いが次第に強まっていって、より「まちづくり」に力を入れている事務所に就きたいと思うようになったのが、転職を考えるきっかけとなりました。

エイプラス・デザインの存在は、以前からウェブサイトで見て知っていて、まちづくりについても活発に発信を続けていているのを興味を持って見ていました。
転職を考えはじめたとき、ハローワークでたまたま職員を募集していることを知ってすぐに応募し、縁あって採用になったという経緯です。

入社して1年。今は、住宅や公共事業、学校の耐震関係などを担当しています。

エイプラス・デザインのいちばんの特徴は、とにかく何についてもスピード感があるということだと思います。
これは、佐藤社長の即断即決の姿勢に負うところが大きいと思います。まさに、鉄は熱いうちに打て、という姿勢ですね。
並行して進める物件の数も多いですし、私にとってこの1年間は、エイプラス・デザインの仕事のスピード感に慣れていこうと努めた1年だったように思います。

スタッフに若い人が多いのもこの会社の特徴です。
前の会社では僕がいちばん年下だったのですが、エイプラスではいきなり真ん中になりました。
若いスタッフが多いので、事務所の雰囲気も明るく活気があります。

佐藤社長は、若いスタッフにもどんどん責任ある仕事を任せます。
そういった責任を負うことは、もちろん非常に厳しい側面も多いのですが、その分チャンスも多く、とてもやりがいを感じます。

街の商工会などにも関わって、いろいろな人たちの意見をまとめながらまちづくりのプランをまとめたりという活動にも携わっています。
そういった活動を中心となって進めていけるのも、持ち前のスピード感があるからこそなのだなと実感します。

私自身も、いずれはまちづくり活動にも携わって、水戸の街の辿ってきた変遷をきちんと学びつつ、昔のものを単純に復活させるのではなく、そこに暮らす人々、世代に合ったまちづくりというものを考え、水戸の街ににぎわりを取り戻すことに貢献できる存在になりたいと思っています。

最後に、これから建築士を志す方に向けてのメッセージとしては、学生のうちから建築以外の見聞を積極的に広げておくことをお勧めします。
建築の仕事をするうえで、建物以外のことについての知識の広さ、体験の多さ・深さが、予想以上に大きな意味を持ってくるからです。
私自身、これからもより多くのことに興味を持ち、さまざまなことを積極的に吸収していきたいと思っています。