職人を経て就職した私に、建築士としてのすべてを教えてくれた場


宮本 崇雄
2010年入社
二級建築士
二級管工事施工管理技士
日本大学 工学部 機械工学科卒業
(プロフィール)

職人を経て就職した私に、建築士としてのすべてを教えてくれた場。
これからも自分の夢を追い求めながら業務に邁進していきます。

私は、那珂湊にある冷凍設備会社に5年ほど勤務し、その後エイプラス・デザインに入社しました。
冷凍設備は非常に奥が深く、食品流通を担うという点でとてもやりがいのある仕事でしたが、建築のプランニング(躯体の性能や配置等)に冷凍機械の能力が大きく影響を受けることにジレンマを感じ、建築設計の初期段階から関わりたいという想いが募って、2級建築士の資格を取得し、建築士としての道を選択しました。

エイプラス・デザインのことはウェブで知りました。
当時の私は、建築設計事務所というものに「閉鎖的なエリート集団」というイメージを抱いていたのですが、エイプラスは自ら積極的に発信していてとても開かれた印象で、ここなら職人上がりの自分でも受け入れてくれるかもしれないと感じたことを覚えています。

面接をして、採用の連絡をもらい、前の職場を辞めた翌日からすぐ、エイプラス・デザインに勤め始めました。
今年で5年が経ちましたが、入ってよかったと本当に思います。
とにかく、責任ある仕事をどんどんやらせてくれる会社です。
本人のやる気次第で大きなチャンスを得ることができます。

携わる建築の種類が多いこともエイプラス・デザインの大きな特徴です。
個人住宅のほか、集合住宅、公共施設、商業施設、耐震補強など多種多様な建物に関わることができます。
私も入社してすぐのころから、大きなプロジェクトの現場に同行させてもらいました。

もちろん最初は勝手がまったくわからないので、大変なことの連続でした。
とくに私の場合、以前の仕事の性質からか、少し受け身なところがあったのですが、建築設計は、すべてにおいて先頭に立ってやっていく仕事だということを、社長以下、先輩方に教えてもらいました。
また、仕事をする上で、時間を守ること・自分の発言に責任を取ることがいかに大切かなど、社会人として守るべきことの多くをあらためて学びました。

…などと言うと、とても厳しい事務所かと思われるかもしれませんが、エイプラス・デザインは皆がざっくばらんに話せる、とても明るい雰囲気の職場です。
社長のほか上司とも率直にやりとりできますし、誰とでも話をしやすいというオープンな社風が何よりの魅力です。

最後に、これから建築士を志す方に向けてのメッセージとしては、もし建築学科を出ていないけれど建築士を目指したいという方がいるとしたら、どれほど自分の中のやってみたいという想いが強いかに尽きると思います。
建築士の仕事はけっして楽ではないです。建築は人の生活や命にかかわることなので、大きな責任を伴います。
それを自分の職業としたいという強い想いがあるならば、きっと勢いで乗り越えられるのではと思います。

私は、今年で入社して満4年が経ったので、これからは1級建築士を目指していきます。
エイプラス・デザインで建築に携わったことによって、建築は、社会や住む人の生き方までも変えることができるのかもしれないと思うようになりました。

たとえば、電気をなるべく使わない家、電気に頼らなくても快適に過ごせる建物が多く普及すれば、現代社会が抱える環境問題、原発問題、所得による住空間格差(健康格差)の問題を解消するきっかけの一つになると考えます。
そういった建物をいつか自分の手で作ることを夢見て、これからもエイプラス・デザインでの業務に邁進して行きます。
佐藤社長と同じように、建築の仕事を通じて社会に貢献していければと思っています。